三寶山 眞華院 不器用だけど心があたたまる東北の片隅にあるちいさな日蓮宗のお寺    ホームページTOPへ  ブログTOPへ

2009年01月13日

新年を迎えて

平成21年 年頭太歳三ヶ日 初参りに ご参拝の皆様大変ご苦労様でした。
本年は、昨年からの不況のあおりで尚一層困難な時代に直面しているだけに、私も大晦日年明けに水垢離を取り、一生懸命初参りの祈念をさせていただきました。

昨年は、冷凍ぎょうざの事件に始まり、四川省の大地震、岩手宮城の大地震、インドテロ事件、極めつけがアメリカ発リーマンブラザーズの破綻による世界不況と国内外で激震が走りました。これによって国内でも派遣社員の首切りがあいつぎ、住居もなくなるなど、大変な状況になってきております。今年はさらに厳しくなるやもしれません。

皆様にはこの困難な時代を、どうぞ必死に神仏にお祈りされ、加護を得て乗り越えて戴きたいと思います。


1月11日(日)今日はお鏡開きの日。
お鏡とはお正月に神仏にお供えしたお餅の事で、開くとは、そのお餅をお下げして皆で戴くと言う事です。
神仏にお供えしたお餅には昔から神仏の功徳が宿るといわれ、その餅を戴けば一年間無病息災でいられると言われています。
このごろ一般のお家ではカビがきたと言う事で、捨てる方もあるようですが、とてももったいない気がします。カビを削るとかもしくは少し早めにお下げするとか考えてみてはどうでしょうか?どうぞご家族で大切に頂きましょう。







Posted by 眞華院事務局 at 13:46│Comments(0)
 必須ではありません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。